障害者支援施設 デイサービス 夢の家 愛知県春日井市

夢の家

BLOG

ブログ

夢の家の公式ブログです。
スタッフからのお知らせやニュースを発信してます。

葉

長過ぎね?俺の随筆(その3)

お待たせしました!入居者Y.I.さんの連載第3回です。

今回、ザっと字数を数えてみたところ、400字詰め原稿用紙11枚になりました!

面白いので長さを感じませんね。では、どうぞ!

 

こんにちは。お元気でしょうか?私は元気です。この仮想空間の中で生きてる私は、いつでも皆さんの前では元気いっぱいです。早速ですが、今回のテーマは「愛って何?」です。そのように問いかけてる漫画や小説や映画やテレビドラマやCMなどを目にしたことが誰にでもあるのでは?と思います。言わば「言い古された問い掛け」ですよね。私が思うに、愛とは2種類あると思います。ひとつは「親子愛・兄弟愛 ・人類愛・友人愛・隣人愛・チーム愛、 とかの広い意味での一般的な愛」そう、「博愛」です。博という文字には「広くて一般的な」という意味があるみたいですね(辞書などをひいたわけではないのですが)。博愛などと古くさい言葉を使う人なんて今時誰もいないよ、 と言われそうで、少々怖いですね。私がまだ若かった頃、今から45年ほど前の記憶ですが、 その当時の私には「ともすると博愛は偽善へと姿を変えるだろう」などと言うへそ曲がりな思いが強くあったので、その存在を今イチ信じきることができませんでした。斜めから見てました。今になって思えば、尖ってたというか、こそばゆいというか、恥ずかしいものですね。

もうひとつは「男女間の愛」です。言わば「恋愛」です。愛は大分部はこの「恋愛」です。博愛のほうに言い及ぶことは、また次月とさせていただきまして(つまり2回1組、長文対策のつもり)、この場では「恋愛」のことを「愛」と呼ばせていただきます。こんなジェンダーレスの時代に男女間と限定するなんて許しがたいと、お叱りを受けるのかもしれませんが、敢えて非生産的な愛はこの際(話しがややこしくなるから)除外させていただきます。「博愛」と「恋愛」の比率は人によって異なりますが、自分の事例を考えてみると、約1:9位ではなかろうかと思います。 この後から書く言葉には、言い手にとっては言いにくいことを含んでいて、聞き手にとっては聞きにくいことかもしれませんが、どうしても言っておきたかったことなのです。どうか我慢してご覧ください。

 

ある日、去年の年の瀬の頃のことですが、私はYouTubeでYOASOBIの「夜に駆ける」を聞いてました(年甲斐もなく)。あの曲はテンポが年寄には速すぎて(楽譜は見たことないけどたぶん1分で180拍くらいかな、普通は120)言葉を理解する前に次の小節になってしまうから、まるで外国語の歌を聞いてるようでした。歌詞が全然頭に入って来ません。歌声はひとつの優秀な楽器のようでした。このユニットのアピールポイントである「小説を音楽にする」ってどういう意味なんだろう?などとぼんやり考えてました。まずは取りあえず原作の小説を読めばわかるのかな?などと思ってました。しばらくして私の部屋に、この施設の介護スタッフであるSさんがティータイムのためにやって来てこのように言いました。「この曲の元ネタになってる小説を知ってるか?私は読んだことあるよ。ショックを受けた。タナトスの誘惑ってタイトルだった。衝撃的だった」と紹介してくれました。。ん?タナトス?誰のことだったかな?確か人名だったような気がするぞ。何かの作曲家だったかな。忘れたなあ。それに構わず、続けて彼女はこのように言いました。登場する女の子には飛び降り自殺願望があって、彼氏につきあって飛び降りて欲しいんだけど、彼氏には元よりそんなつもりはなかった。だけど、なんやかんやのやり取りをした挙げ句、「本当は僕だってそう思ってたんだ」とか何とか言って、彼女につきあって飛び降りることになった、というお話しの小説だよ、と言いました。後から私が読んだ限りは、さすがはSさん、あらすじはほとんど合ってるようでした。あらすじを正確に伝えることは案外難しいんですよ。読んでる途中ですぐに思い出しました。タナトスとは、人名じゃなくて、ギリシャ神話に出てくる「破壊と死を司る神」のことです。一言でいうと「死神」です。うーむ、あのタイトル、死神の誘惑かい、と思いました。結局は「彼にとっては彼女こそが死神だった」という結論でした。タナトスのお兄さん(中性的外見だそうだからあるいはお姉さん)は、 こちらは大変有名な神様ですが、 「創造と生を司る神」のエロースです。この神様こそが、私が今回取り上げたかった人(あるいは神様)なのです。それを思い出させてくれたSさんには感謝します。この神様ですが、日本では「エロス」と発音されてます。エロい、とは「誰も期待してないのに必要以上に扇情的だ」という意味ですよね。上手い形容動詞(かな)の和訳だと思いました。英語では「エロチック」という言葉もあります。どうして「生を司る神が扇情的」なのかな、なんて思いませんか。「創造と生」と「扇情的」とは何か関係性があるのですかね。

 

私の考えによると「愛とは性欲」です。

うーむ、過激だ。障がい者支援施設のホームページに掲載するにはちょっと相応しくないですね。それに、もしもこの文章を読んでくれてるあなたが女性だったら、さぞ聞きにくいことでしょう。私も言いにくいです。こんなことを言うことは、私の立場上だけでできるのかもしれません。並みの人にはとても口に出せません。生き物のオスとしてはとうの昔に終わってるけど、生き物それ自体としてはまだまだ終わるつもりはない、とか、こういう発言を遠慮してしまう配偶者が自分にはいる、とか、性格上あまりにも過激なことは口に出せない、とかがいっさい私にはありません。そんな私だからこそ言えることかもしれません。生と創造の神が扇情的だとか、様々なことの辻褄がドンピシャに合います。昔から私は、愛ってロマンチックなものでなくてはならないという「祈りにも似た願い」を抱いていました。私は、(その外見と裏腹に)案外女々しいのかもしれません。愛って「男女間にしか表れない友情」に近いものかな?というめぼしもつけてました。でも全然間違いでした。

実は私は、大学生のおわりまで少女漫画のファンでした。りぼんと別冊マーガレットの購入は欠かせたことがありません。特にりぼんの陸奥A子先生のファンでした。買いに行く度に恥ずかしい思いをしたものだった、と今では懐かしく思い出されます。これらを読んでいれば、「愛とは何か?」の答えに巡り会えるかもしれない、と思ったのです。時に少女漫画は、どの作品でも必要以上に、愛とはロマンチックなもの、と強調されるものでした。東京の大学を卒業して名古屋に戻ってから以降は購入するのをやめましたが、30才で結婚した時もロマンチックなものと思い込むのをやめなかったです。ロマンチックなものに対する「あこがれ」だったかもしれません。そして、少女漫画を読み漁った挙げ句、4年間で私が出した結論は、「愛とは性欲」です。

 

先程も言ったけど、性別の違う読者さんにはちょっと言いにくいですねー。読者さんがもし女性なら、さぞかし聞きにくいだろうと思います。じゃあ俺は性欲にあこがれ続けていたのか、と思わず自問自答しそうになりました。でも私は、今では誓って「まず性欲ありき」ではありません。そんなものはとうになくしました。「俺は生物のオスとしての役目を終わってる」という事実に免じてお許しください。性欲をなくした男だからこそ言える結論かもしれません。真剣な姿勢で長いこと考え続けました。

この考え方は、漫画の「東京ラブストーリー」の作者の倉田某というオバサンの考えに着想を得たものなのです。私は「そうか、そうなのか」と思わず叫びそうになりました(叫べないけど)。東京ラブストーリーは、後にテレビドラマ化されました、作品中に出てきた登場人物の赤間りかのセリフが有名ですね「カンチ、セックスしよ?」私は後頭部をハンマーで思い切り殴られたような気がしました。「愛とは性欲?それは違う、違ってくれ」、という叫びと共に。でも、まさに性欲に違いありませんでした。 小説にせよ漫画にせよ、物語を作る上での定石は「主人公に大事なことを言わせる」です。漫画のスラムダンク以後は、脇役にこそ心に残る台詞を言わせるという手法が編み出されました。スラムダンクの作者(確か井上某)は、小説の弱点をよく研究していたのですね。何しろ漫画には絵がありますから、話しを整理しやすいのです。表情だけで感情さえ表すこともできます。これらが読んでてもわかりやすいのです。この流れは最近では「ワンピース」に受け継がれています。でも、この時代はそうではありませんでした。主人公に言わせる、ということは、これこそがこのお話しのテーマでした。いくらトレンディドラマだと言っても、この台詞は過激過ぎて誰も言わないぞ、なんて思いました。そんな悩みを吹き飛ばしてくれたのが、この答えでした。(いや、吹き飛ばされてしまった、というべきかな?)

 

ついでに言いますが、また、こう言うのもあります

「愛は左右非対称」

バツイチの私には言える資格がないかも知れないのですが、膨らませたい、と思うところが男と女では違うのです。

こう言うものもあります。「妊娠は女の特権かそれともリスクか」

妊娠は結婚している女の特権でもあるが、女のリスクでもあると思います。どっちが本当の事だろう?置かれた環境の違いだな、そうに違いないと思います。つまり、愛の正体は性欲で、その形は左右非対称で、その結果は妊娠、ということなのです。

皆さんにお薦めします。愛とは性欲です。そういう目で眺めてみてください。

では「純愛」という言葉に対して、どのような落とし前をつけてくれるのか?の疑問についてはこのように考えます。純愛という言葉は、誰の造語なのかは知らないけど、当時まだたくさん有った「純喫茶」の純から来てるのではないかと思います。混じりけがないという意味では確かに同じなのでしょうが、誰の造語なんですかね、喫茶店と愛を同列に語るというのはちょっと無理があります。こういう言葉が存在するから勘違いが起きるのです。愛にロマンチックを私みたいに抱いてしまいます。純愛とはロマンチックな空想に過ぎません。

 

前回に負けず劣らずの長文でしたね。最後までお付き合いくださいましてどうもありがとうございました。次回は「それでは聞くが、博愛って何?優しさって何?」の予定です。それではお元気で、さようなら。

 

岩田(後ろ姿)

 

2021年度 入職式

2021年4月1日(木)

入職式を執り行いました。

新入職員は未来に希望たっぷりキラキラと輝いていました。

夢の家ファミリーに新しい仲間が加わり、より利用者さんに喜んでいただける施設にして参ります!

CIMG2071

春の陽気に誘われて

散歩へ出かけました。

IMG_0895

(さらに…)

夢の家 創立記念日

本日は夢の家の創立記念日でした。お陰様で24歳を迎えることができました。皆様に愛される施設づくりに努めて参りますので今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

DSC04135 DSC04131

 

 

 

長過ぎね?俺の随筆(その2)

今回は 昔語りから始めましょう。私は大卒です。大学を卒業した24才の時から、脳卒中に見舞われる52才の間の28年間はサラリーマン(営業職)でした。ん?(  -_・)?計算が合わないぞ。なんで24才なんだ?大学を卒業するのは普通22才じゃないのか?などとお思いでしょうが、実は私は「1浪して入学した大学を1年生の終わりに、1年分の単位を習得した上で大学を中退」したのです。しかも再入学した大学では1年生からやり直しました。別に2年生からでも行けたんですけどね(流用可能単位が少な目だけど)。どうせならキリがよくなくてはならないと思ったのです。このことは、大学を転籍しようとした者にだけしかわからない感覚なのかもしれません。そういうわけで実質的に2浪と同い年なんです。私の頃は1浪くらいは珍しくありませんでした。2浪さえも普通の学部にたくさんいました(絵画関係なら4~5浪さえ)。そんなわけで24才なんです。余談ですが、私は第1外国語(英語)のクラス分けにて、現在の中日ドベゴンズ2軍監督の仁村徹君とは同級生でした。彼は当然野球部に所属していて、そこではアンダースローのピッチャーでした(バッターのイメージだけど)。2軍監督なら何とかしろよ、ドベゴンズを。

のっけから話しがおおいに逸れましたが、今日のテーマは「仕事するって何?人は何のために働くの?」です。会社というものには、「資本家及び経営者」と「雇われ人つまり労働者」の、2種類が存在するという構造があるのは学校で教わったけど、私が通った学校では、「仕事は何のためにするのか」なんて教えてくれませんでした(冷静に考えると教えてくれなくて当たり前だな、正解がないもの)。この世に生を受けて以来24年は、「仕事って何?」なんて思いもしませんでした。というか、疑問にも思いませんでした。ところが一転して、サラリーマンだった28年間は「仕事って何のため?」と考え続けました。身につまされる疑問でした。

そして、労働者側の立場に立って言うと(その立場俺にはあたりまえ)、ひねり出した答えは

「仕事は自己実現のためにする」

でした。自己実現とは何かというと、その答えは少々哲学的な答えですが「自分が自分であるためだけに働く」です。では「自己実現」って具体的には何?という難しい問いに、敢えてわかりやすくて平たい言葉で回答します。 自分の望みに少しでも近づいた生活をすることが自己実現です。望みと成就の2階立てです。 お金がつきまとう場合も、お金では買えない場合もあります。かなりの長文になってしまうかもしれませんが、どうぞ我慢してお付き合いください。

自己実現の事例をご紹介します。例えば、お金がつきまとう場合では「マイホームが欲しい」「高級外車が欲しい」「贅沢三昧な食べ物を毎日食べたい」「海外旅行に行きたい」などです。どれも金がかかることばかりですね。う~ん、やたら自分にも身に覚えがあります。「金が欲しい、金さえあったらなあ、でも貧乏だから諦めよ」と悔しいかな何度も思ったものでした。

「マイホームが欲しい」で考えてみましょう。「マイホームは今のところ俺の収入に鑑みてとても無理。仕方ない、賃貸マンションで今は我慢しとくか。でも今に見てろよ、いつかは必ず手に入れて見せる」と思った瞬間にそれは望みになって、年齢を重ねるなどして、それが実現できた時にそれは自己実現できたと呼べるのです。

「高級外車が欲しい」で考えてみましょう。「俺は今度の車の買い替えの時はベンツが欲しい。でも高い」諦めだけが人生だ、と言わんばかりですね(元ネタは「サヨナラだけが人生だ」井伏鱒二だったかな佐藤春夫だったかな)。でも、いつの日にか余裕が出来て、高級外車さえ買えるようになったら、それが自己実現です。

次に、金が絡まない場合の実例を挙げてみましょう。例えば「兄弟仲良く」という願いを立てたとしましょう。兄弟仲良く、売ってるわけじゃありません、お金じゃ買えませんね。仲が悪かった兄弟が「このままじゃいけない」などと考え直して、兄弟仲良くしなくてはならないと思った瞬間にそれは願いになり、お互いに暮らしに余裕が出来て、心にも余裕が出来て、心の底から仲良くできた時にそれは自己実現したと呼べるのです。

さらに、お金じゃ買えない例を挙げるとしたら、そんな人がいるのかいないのか知らないけど、例えば「世界が平和になりますように」と願った人がいるとしましょう(ジョン・レノンかよ)。世界平和、難しい問題ですよね。でも、世界中が平和になったかどうかはわからないけど、少なくとも自分自身とその周りだけは幸せそうだ、と思った瞬間にそれは自己実現となるのです。そもそも「幸せとは何か?そして何がどれぐらい望みどおりになったら幸せと呼べるのか?」という問がどうしても付きまといます。お金がすべて、お金さえあれば他には何もいらない、と考える人も中にはいるでしょう。それを否定し切ることはできません。でも、「お金がすべて」では、あまりにも寂しすぎる人生だとは思いませんか?少なくとも私にはそう思えるのです。お金だけがすべてなんて私は信じたくはありません。高級外車でも同じです。「暮らしに余裕が出来て、心にも余裕が出来る」と言うくだりも、「暮らしに余裕」とは、お金が貯まった、とイコールかもしれません。うわべだけ仲良くしてる」というならそれはお金次第かもしれません。でも「それだけじゃない」と信じたいです。もうひとつ、どれぐらい望みどおりになったら幸せと呼べるのか、の問題ですが、どれぐらいというのは人それぞれだと思います。多幸感を感じるポイントが人それぞれだからです。世界平和なんてハードルが高過ぎるから「自分の周りの幸せ」だけを基準に考えればいいです。周りが幸せなら、自らも幸せなのに違いない、自らも世界の一部だから、自分の幸せが世界平和で、これが自己実現だ、という理屈です(少々強引かな?)。自分の周りの幸せを感じとれた時が自己実現です。こうして見ると、自己実現とは果てしなく遠いもののようでもあり、案外身近なものとも思えます。

厳しいことを言うようですが「仕事するのは自分のため」に限ります。「自分のため」だけに働いているのです。決して「あの人のため」などという動機では働くと言う動作は起こり得ません。

例えば、会社員なら「私は上司が喜ぶ顔が見たいがために働いてる?」

とんでもないです。それは勘違いです。

例えば、幼稚園の先生なら「私は、可愛らしい子供たちのために働いてる?」

とんでもないです。それは勘違いです。

例えば、老健の介護士なら「俺は、あちこち衰え始めて、気の毒なこの施設の老人のため働いてる?」

とんでもないです。それは勘違いです。

例えば、公務員や政治家なら「私は、国民あるいは市民のために働いてる?」

とんでもないです。それは思い違いです。

例えば「私は、愛する配偶者の幸せのために働いてる?」

とんでもないです。それは勘違いです。

全て「仕事は自分のためだけにする」です。誰かのためではありません。中には「配偶者のために働いている」と感じてる人もいるでしょう。でも「配偶者の幸せそうな横顔を見てるだけで幸せを感じる」というのは、仕事するよろこびやり甲斐を、これこそが愛だという単なる勘違いをしたに過ぎません。目標物があると効果測定がわかりやすいけど、あくまでも汗を流すのは自分なのです。 「可愛い自分の子供のため」もしくは「同居している両親のため、育ててくれて恩義に感じてるから」と言う人もいるでしょう。でも、それでは「自己実現」とはなりません。

仕事は自己実現のため、これさえ結論付け出来れば、おのずから「やる気」が湧いて来るのではないでしょうか?

 

今回もまた長文になりましたね。最後までお付き合いくださいましてどうもありがとうございました。結論を先に言って、それから事例を挙げるようにしたのですが、それっぽっちでは劇的な効果はなかったみたいです。今後も引き続き長文にならないように努力しますので、よろしくお付き合いください。来月は「愛って何だろう?」です。それではごきげんよう、さようなら

岩田

 

 

 

1 / 15112345...102030...最後 »

ページトップへページトップへ